ソライロ・サプリ

★☆てっぺんのその先の景色へ☆★ジャニーズWEST・重岡大毅くん応援ブログ。時々タカラヅカ。

1/365の幸せ

6月2日は翔くんのお誕生日でした。

組総見だったんですけど、まあ翔くんの事だから何もしないだろうなーと思ってたのね。だから劇中でひとこちゃんにお団子貰う時に「おめでとう」って渡されてたり、お酒飲む場面で愛すみれちゃんたちが背中めっちゃマッサージしてくれてるの見て、翔くん嬉しいねぇってしみじみ幸せを感じていたんですよ。

続いてショーのプロローグ、1日に見た時には望海さんと腕をガシっとぶつけ合ってたと思うんだけど、この日はなんか望海さんがめっちゃ近くまで来てなんかしてたような…(覚えてないポンコツ頭)。中詰めの銀橋では望海さんが咲ちゃんと場所交代したから、あれ?昨日もこんなだったっけ?と思ったら、ガシッと翔くんと肩くんでるー。嬉しそうな翔くんめっかわ!めっかわ!したらあーさが両手ヒラヒラ~ってしてくれて、望海さんも両手ヒラヒラ~って。したら翔くんわーいって感じで両手をバンザイして嬉しそうで。あー嬉しいね、幸せだね。客席からも拍手が起こってたけど、それはうちの会だけかもしれない(笑)

あと銀橋のどこかで2階席を指さししたね?したよね?私の夢じゃないよね?翔くん何もしないと思ってたからね、ビックリして椅子から落っこちるかと思ったのね、そういう振りなのかもだけど会席の方に向かってビシッときたから嬉しかった~。

 

幸せそうな翔くんを一日たっくさん見れて私も一日本当に幸せだった。翔くん沢山「ありがとう」って言ってた。ありがとうの数だけおめでとうを言ってもらったって事だよね。

翔くん、お誕生日おめでとうございました! 

忘れな君、我らの恋。

この前、お友だちがムラに来てくれたので劇場周辺をふらっとしたんだけど、キャトルに行った時にトップスター監修グッズを見て「こういうグッズはトップさんだけなの?トップ娘役さんは?」と聞かれましてね、「トップ娘役さんはポストカードや舞台写真だけだよ」「しかも男役は若手でもポストカードが出るけど、娘役はトップ娘役しかポストカードは出ない」と言ったらとても驚いていましてね。そうなんですよね、トップスターとトップ以外ってしっかり区別されてるシビアな世界なんだよな、と改めて気づいたというかね。

 

先日、月組の千秋楽の中継を見ました。2番手の美弥さんの卒業との事でサヨナラショーです。異例のサヨナラショーと話題になりましたけども、まあ2番手で卒業される方はそう多くないですものね。でもトップさんとは違って千秋楽の1回(東京千秋楽と合わせて2回)のみ、サヨナラショーの時の吊り物もなし、楽屋出もパレードではなく通常出と同じく楽屋から、そして何より大階段を下りる時のすみれの花咲く頃の伴奏がピアノのみ…。

トップさんの退団時は東西4回のサヨナラショーを行い、電飾の付いた吊り物が飾られ、楽屋からではなくロビー側から出てパレードをし、大階段はフルオーケストラで降りて来る。緑の袴以外で大階段を下りてこれるのもトップスターだけ。

 

あぁ、なんてシビアな世界なんだろう。美弥さんほどの功労者でも通常と同じなのか。でも、出来る範囲で美弥さんの功績を労っていたように感じました。それは、大階段のすみれの花咲く頃の伴奏、ピアノだけだったけど前奏から流れたんです。涙が溢れ出た。美弥さん、美弥さん、卒業おめでとう。寂しくなるよ、忘れないよ。

 

普段とてもしっかりしている珠城さんが涙を流した時に、珠城さんの下級生の顔が見れて嬉しくもあったんです。しっかりしているように見えてもまだまだ若い。若い王は自分の置かれた立場をしっかりと受け止め真面目に誠実に。

「私が一番泣いてますね」と涙をグイッと男前にぬぐう珠城さん、その珠城さんを笑顔で見守る美弥さん。いい関係だったんだろうなとこの一瞬だけでもわかる。

「東京公演千秋楽まで学ばせて下さい」と、トップスターなのに謙虚に言う事が出来る珠城さん。

「卒業される4人にもう一度拍手をお願いします」と一歩下がっておっしゃった珠城さん。0番に立つのが自分の務め、それをちゃんとわかっている。だから一歩さがった、4人に敬意を表して。

割れんばかりの拍手にカーテン前に出て来てくれた珠城さん。「幕の後ろにみんなで作った舞台です」と言う珠城さん。

 

前トップスターの龍さんの東京千秋楽、「たまき」と呼ばれて出て来た珠城さんはべそべそ泣いていましたね。龍さんに「泣くな、しっかりしろ」と喝を入れられ、その時も涙をグイッと拭い、泣いてませんって感じで顔を横に振っていましたね。体は大きいのにべそべそしている姿があまりにも子どものようで可愛くて愛おしくて。

 

「トップスターは孤独だ」と誰だったかがおっしゃってましたね。

「トップスターは孤独ではない」とも他の誰かがおっしゃってました。

支えてくれる仲間がいてスタッフさんがいてファンの方がいる、確かに孤独ではないのかもしれない。でもやっぱり孤独なのかもしれない。

トップスターの為に演目が決められ、トップスターの為に脚本と衣装が作られる。フィナーレのパレードの最後にはトップスターの為だけに照明が落とされミラーボールが回る。ただ一人トップスターの為だけに。

一番大きな羽根を背負ったその重みはトップスターの重み。それを今回の千秋楽に強く強く感じました。珠城さんはその重みをしっかりと受け止め、0番に立っているのだなと。

 

泣き虫の珠城さん、もうステージの上で泣く事は無いのかなと思っていましたよ。泣き顔よりもやっぱり笑顔の方がいいものね。これからも沢山の笑顔が見れますように。

 

LIFE IS LIKE A TRAIN

雪組20世紀号に乗ってに行ってきました。雪組久しぶりのコメディ!しかもブロードウェイミュージカルという事でとっても楽しみにしてましたけど、想像以上に面白かった。よかった!ダメなタイプのドタバタだったらどうしようと思ってたけど、好きなやつだったよ。おめでとう、私。
落ち目のプロデューサーのオスカーが元カノで今をトキメク大女優のリリーと復縁&舞台の契約をするまでの16時間の豪華列車の旅のお話。そう、ただ契約をするしないという内容。でもこれがめちゃくちゃテンポいいし、歌がまた素晴らしいのであっという間の3時間でした。

翔くんは特急20世紀号の車掌さん。グリーンのロングコートにエンジ色のパンツ、ゴールドの差し色がとっても素敵でめっちゃ翔くんに超似合ってる。あの背中超いい。すごくいい。何て言ったらいいのかわかんないけど、とにかくめちゃくちゃ似合ってる。肩幅も肩甲骨のラインも丈も。帽子かぶってるので二階席からだとお顔が見えにくいかな?とも思ったけど大丈夫でした。イケメンはどこから見てもイケメンでしたわ。あとロングコートなので足がひざ下しか出てないんですけどね、翔くんの太もも見れなくてちょっとだけしょんぼりしてたんですけどね、でも!これが!なんと!2幕頭のタップの時に足を後ろに上げて伸ばす振りがあるんですけど、その時にねコートのスリットの所から足がぶわっと上がるわけですよ。なんて言うの?スリットの間から見える足とか超甘美じゃない?

ってかフィナーレがあるんですよ。劇中でもタップは踏んでいるんですけどで、フィナーレのタップは全然別物なんです!いやもう凄い、凄いしか言えない。金と黒のお衣装にオールバックの翔くんがめっちゃイケだし、そのイケすぎ翔くんが会場を見渡しながらタップを踏んでるんですよ。意味わからんくね?書いてても意味わからんもん。おまけにチラッと左を見た後にフッと笑いながら右側を見上げるの。その「フッ」ってのがめちゃくちゃカッコよくてね、お芝居が全然キザれないから、フィナーレのタップに全ての男役道を集約している。めっちゃオラオラしてる(笑)タップってそんなオラオラしながら踊るもんなん?ほんまタップ踏みながら会場中を抱く人初めてみた。いや、意味わからん、好き。

車掌さんなので首からホイッスルをぶら下げているんですけど、実際に吹く場面は一度もないんですよ。でも律儀にホイッスルをぶら下げててね、それがプリムローズ婦人を探せのナンバーの時に邪魔そうで(笑)ジャケットの中に仕舞ってる時もあるんですけど、仕舞い忘れた時は走ったり飛び跳ねたりする度にぴょんぴょんして胸やアゴの辺りに当たりそうになるのでそれを押さえなきゃいけないし、でも帽子も落ちて来るからか(顔小さいもんね)ツバの辺り押さえなきゃだし、なんだかとっても大変そうでした。

キャラの大渋滞のこの作品、車掌さんは唯一のまともな人!と思いきや、自分の一日の仕事を書き纏めた本を舞台化したらヒット間違いなしとか言って売り込みに来ちゃう辺りちゃっかりしててめっちゃ可愛い。「はいはい、わかったわかった、読みます読みます」って適当にあしらわれて部屋を追い出されてるのに、「本当ですよ」「読んで下さいね」ってめっちゃ丁寧だし、ドア閉められてるのに超笑顔でほーんと可愛い。

なんかもっとあった気がするけど、フィナーレのタップの翔くんがめちゃくちゃイケメンだったよって事が伝わればそれでいいです。
以下、簡単なあらすじ。

  

続きを読む